本文へスキップ

鹿児島市谷山の温泉「野天薩摩いろはの湯」にある。「からだ・はうす いろはの湯」です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-3963-3676

〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町3-65 

日本人に喜ばれるアロマテラピー(オイルマッサージ

PART3 日本人に喜ばれるアロマテラピーってなんでしょうか


アロマテラピーの施術は、もともとイギリスやフランスで成立した施術です。
そこで使用されていたトリートメントは、エステサロンでの美容目的の施術だったり高級ホテルのスパでリラクゼーション目的で行なわれる施術でした。
勿論西洋では、それ以外にも、スポーツ選手の体のケアであったり関節や筋肉に関する病症に対する治療としても使用されていました。

しかし、日本に最初に紹介されたアロマテラピーは、大手のエステサロンでの施術でした。
主に美肌効果を高めるためや痩身の為にアロマテラピーは行われていました。
確かに、体も心もリラックスして、お肌にも良いかもしれませんが多くの日本人にとって、日常的に施術を受けるというものではありませんでした。

私は、鹿児島でからだ・はうすを作る以前から、スポーツ障害の治療の為にオイルを使用したマッサージを行っていましたので、エステとは異なる観点からアロマテラピーを考えていました。

ここで私達が考えたのは西洋人の体質と日本人の体質が異なる事、そして普通の日本人は、リラックスよりも、コリをほぐしてもらったり体の痛みや疲れがとれて楽になることを望んでいるという事でした。
日本人は、西洋人に比べて、筋肉が固くこりやすい民族です。
私達がアロマテラピーを始めた頃は、リラックスのためにお金を払うという考え方もあまり一般的ではありませんでした。

お客様はマッサージという物はコリをほぐすものだ、という意識が強かったのだと思います。
お客様は、肩こりや腰痛を何とかしたい、そのためにお金を払うのです。
経済的に余裕がある1部の人だけが、リラックスのために、アロマテラピーを受けると思われていたのです

もちろん、今ではストレスから病気になる人が増えていますのでリラックスすることで健康が保てるという考え方も一般的になってきました。
それと共にリラックス目的で、アロマテラピーの施術を受ける人も増えてきましたね。

しかし、私どもの店舗では、まだまだ肩や背中のこりをほぐしてもらいたいというお客様が主流です。
来店されると同時に、肩がつらい、腰が痛いと、大変そうな表情を見せられる方も多く、きっと、仕事で辛い思いをされているのかなと、思ってしまいます。
からだ・はうすのアロマテラピーの最初の関門は、この体をほぐしてもらいたいというお客様の気持ちに応える事でした。

お客様の感想から

A様より、アロマテラピーの感想を頂きましたありがとうございます
アロマテラピー60分のコースをお願いしましたが
疲れているところをしっかりマッサージして頂いたので大変満足しました
アロマのコースは気持ち良いが物足りないと感じることが多いのですがこちらではしっかり力を調節してくださったので疲れが取れました
又、機会があれば伺いたいです

PART4 こりほぐし系アロマテラピーの誕生


日本人は、肩や背中の筋肉のコリをほぐしてもらう事を期待して、マッサージを受けにくる人が多いということを、先日お知らせしました。
このことは私達が、16年前にからだ・はうすをオープンさせてから、今に至るまで、とても大切なテーマでした。

どの様にしたらお客様のコリをほぐし、痛みを和らげることができるか、体のだるさやむくみを解消し元気にしてあげることができるか
そのために、マッサージの技術にずいぶん工夫を重ねてきました。

ただ力任せにゴリゴリともんでも、体を傷めるだけですし皮膚の表面を滑っていくだけの柔らかいタッチでは物足りません。
表面の皮膚や筋肉だけでなく、疲労して固くなった筋肉のコリを見つけ、それをしっかりとほぐしてあげることが大切です。

通常のアロマテラピーでは、手のひらと指で優しくマッサージしていくのですが、からだ・はうすのマッサージは、手根と呼ばれる手のひらの付け根の固い部分を使用してしっかりとしたマッサージができるようにしました。

また指も、両指を重ねて、筋肉の深いコリがほぐれるようにしたのです。
そのために、女性だけでなく男性のお客様にも大変喜ばれるマッサージになりました


私達は、スポーツ選手の治療からオイルマッサージをはじめたので、男性のお客様を施術することは、当たり前のことでした。
しかしながら、鹿児島はもちろん日本でも、1部のホテルスパを除いて、男性に対して、しっかりとしたアロマテラピーの施術を提供できるサロンはわずかでした。

そのために、私達の評判を聞いて多くの男性のお客様が来店してくださるようになりました。
特に、東開町に新しくできた「野天風呂薩摩いろはの湯」の2階に「からだ・はうす いろはの湯店」をオープンさせてからゆっくりとお風呂に入って、ボディケアやオイルマッサージを受けるお客様が各段に増えてきたのです。



PART5 現代人に対応したアロマテラピー


からだ・はうすのマッサージは、指圧にしてもアロマにしても、ここだけは、しっかりとほぐさなければならないという大切なポイントがあります。
それが、首と肩のラインです。

最近の社会は、もはやパソコンなしでは成り立たなくなり、眼精疲労から肩や首がこる人が増えています
また、パソコンを使用する姿勢やモニターの位置によっては肩首だけでなく背中や腰まで痛みが出てしまいます

この現代病ともいえるパソコン症候群、これを解消するのが、私達「からだ・はうす」の使命でもあります。


私達の施術の歴史は、一つにはこのパソコン症候群との戦いでした。
そのために瀬戸社長が作り出した手技に、首肩の2ラインがあります。
眼精疲労のコリは、後頭部から首(胸鎖乳突筋)の後側を通って肩へとつながります。
そのために、この1連のコリを追いかけるようにしてほぐしていきます。

オイルマッサージなら、肩から後頭部へ向けて、上に上がっていく手技と後頭部から肩へと、コリをそぎ落としていくような手技を用います。
マッサージをしている指にゴリゴリと、コリが当たっていきます勿論このラインだけでなく、肩甲骨のL字ラインと呼ばれるラインや他のアロマテラピーの施術では見られないような独自のマッサージスタイルがあります

またマッサージだけでなく、新たに開発された「5エレメントアロマテラピー」
現代人の体質を、東洋医学の思想である「陰陽5行」にあてはめてみる体質診断法等もストレスや食生活や住環境などの様々な要素を考慮したうえで作られた診断法です。
このような独自の手技や診断法によって、現代に生きる皆さんの健康を守るお手伝いをしています。



鹿児島のマッサージサロン シャプラ&からだ・はうすの施術






※施術の詳しい内容は、施術名のリンクからごらんください。コースの組みあわせもできます


        
ボディケア    リフレクソロジー    アロマテラピー     整体    リンパマッサージ